気になるアンテナ

速報から好奇心旺盛な記事まで、いろいろなニュースと日常を

2014年09月

置かれた場所で咲きなさい

2014年4月、松坂大輔はアメリカ大リーグメジャー昇格を果たすと ロングリリーフ、セットアッパーの役割を務めました。そして同僚が 故障者リストに入ると先発へ昇格、そこでも先発ローテーションを守り ました。 そして故障していた同僚が復帰すると再びリリーフに戻るようです。 彼が「置かれた場所で咲きなさい」の本を読んでいるのかは知りませんが、 淡々と自分の役割を果たしているようにみえます。松坂にしてみればどういう 形であれ、大リーグで野球ができるということが彼にとっての幸せなのかもしれません。 ご存じの人も多いでしょうが「置かれた場所で咲きなさい」はノートルダム 清心学園の理事長、渡辺和子さんの著書。先日NHKのトーク番組にも出演されて いましたが、なかなかの苦労人のようです。それだけに今の自分の役割を全う することこそ大事と思われているのでしょうか。シスターというと私は清廉潔白な イメージを抱いてしまいますが、テレビの中の彼女は思ったより人間臭くて いい意味で期待を裏切られました。

電車の中で無断撮影

電車の中でもぱしゃぱしゃと無断撮影をする人がいる。 本屋さんでも犯罪なのにその記事を写真で撮ったり、 プライベートの芸能人をパシャパシャ撮ったり。 私もこれにはちょっと不快に思う。 最近では音の出ないカメラも出てきた。 こうなったらもう本当にプライベートとか 関係なくなってくる。怖いなぁと思うよ。 便利になった分使い方を間違えると犯罪に 巻き込まれてどうしようもなくなることがあるのを 忘れてはいけない。 一番怖いのはその写真を撮って 何に使うのか「00ちゃん なう!」とか 勝手に居場所をツイートされても困る。 やっぱり常識は便利なった今でも 昔と変わらず守っていきたいな、と思う。 手軽に写真を撮れる素敵な時代だが、 バカチョンカメラのように現像する 楽しみをもう一度味わいたいな、とも思う。

勝負は、今いる従業員に、如何に積極的に参加させるかです。楽しくなければ、やらない。

一見、最新情報ですが、「ソリューションプロバイダー」に印刷業が挑戦することは、2000年からジャグラにて提唱されたこと。これに呼応できたのは、大手印刷業のみ。 そして、12年経って、経産省・全印工連が、やっと動き出した? というニュースです。 すでに、大手・中堅は変化しています。過去の話です。実施できないでいる中小印刷業では、初めてのことかもしれないが、実は10年以上提唱・実践してきている中小印刷業もいるのです。 たやすく「ソリューションプロバイダー」には、なれないのは、わかりきった話です。動ける人は、既に動いています。なにをいまさらという感じですが、詳細は公開されていませんので、後日公開されたとき紹介します。 まずは、経営者から変わらなければいけない。他人に変化を要求しても、拒否されるだけ。変われるのは、自分だけです。 このことを、身にしみてわかったのは、改革の旗ふりをしたとき、誰もついてこない。ついていけないことに、無視を含め、抵抗のみ。 同じ事を、未来工業は、実践し成果を挙げている。この差は、みんなが参加できる。参加したと思わせる仕掛けが、付随している。 ですので、勝負は、今いる従業員に、如何に積極的に参加させるかです。 楽しくなければ、やらない。 これが、究極のオンリーワン戦略です。

回し寿司 活

ニュースで知ったのですが、なんと「マグロ赤身」100円んで食べることができるらしいです。 100円!!!? 河童寿司などでもありえない値段設定さらに場所が目黒、渋谷、池袋などど割とオシャレな場所に置かれているのも狙い目です。 スシロウは話題になっている割に車でいけるような場所ばかりでしたのでどうも行くのがなかなか難しく断念していたのですがこちらは割と行けそうです。 やっと寿司を食べることができる! もう千代田寿司は嫌です まぐろもいいですが、たまごやいくらなど食べたいものがたくさんあります。 正直魚は白身でかつ旬の魚が安く食べれたらそれで満足です。 というわけで今度友達でも連れて渋谷あたり行こうかなと思ってます

図書館は憩いの場所

図書館は憩いの場所 お金をなるべく使わないで、 楽しくて、自分の為になることってなんだろうって考えたら、 図書館に行って本をゆっくり読むことが一番じゃないかなって思いました。 図書館ってものすごい量の本があるし、 様々な分野の本がそろっていて、 自分の興味のある内容から、いままで興味のなかった分野まで、 幅広く知識を得ることができます。 それに、ちょっと大きな図書館に行くと、 喫茶スペースもあったり、 子供を遊ばせる場所もあったりして、 一日くつろげる場所でもあります。 図書館を見まわしてみると、 多くの人が本を読んで過ごしています。 特に年配の方が多いのですが、 みんなゆったりと過ごしています。 図書館ってみんなの憩いの場所になっているんだなと思います。 ヤマダ電機iphone6予約情報
ギャラリー